釈尊のひらかれた覚り


35歳12月8日、釈尊が覚られた覚りとは、52段ある覚りの一番上であり、

これを仏覚、あるいは、妙覚といいます。これ以上上がありませんので、

無上覚とも言われます。

私たちが本当の幸福になれる大宇宙の真理を、すべて覚られたのでした。

そして、80歳でお亡くなりになるまで、説かれた教えが仏教であり、

七千余巻の一切経に、書き残されています。

この一切経を幾たびも読み破られ、仏教の真髄をあきらかにされたのが

親鸞聖人です。 親鸞会で、本当の親鸞聖人の教えを聞きましょう。

親鸞会の行事案内は、ホームページをごらんください。

Comments are closed.