釈尊の教えと、雑行(2)


「雑行」とは、なにか。

これがわからないと、仏教も、親鸞聖人の教えも、蓮如上人の教えも、

まったくわかりません。 教行信証や御文章にも、たくさん出てきます。

そして、弥陀の救いにあうには、絶対に捨てねばならないのが雑行、

と教えられています。

領解文にも、「もろもろの雑行雑修自力の心をふりすてて」とあります。

では、雑行とはなにか?

雑行の体は諸善万行ですから、「雑行を捨てよ」 とは、「諸善を捨てよ」

とたいへんな間違いをおかす人が多いのです。この聞き誤りが、

浄土真宗衰退の一因であります。 「善をやらなくてもいいんだ、いや、

捨てねばならないんだ」 と勘違いし、善に向かわず、悪に走れば、

悪い結果ばかりがやってくるのは当然です。

「雑行」とは、なにか。今日では、親鸞会でしか、あきらかにされて

いません。 親鸞会で、正しい雑行の意味を知ってください。

Comments are closed.