釈尊のひらかれた覚り

35歳12月8日、釈尊が覚られた覚りとは、52段ある覚りの一番上であり、

これを仏覚、あるいは、妙覚といいます。これ以上上がありませんので、

無上覚とも言われます。

私たちが本当の幸福になれる大宇宙の真理を、すべて覚られたのでした。

そして、80歳でお亡くなりになるまで、説かれた教えが仏教であり、

七千余巻の一切経に、書き残されています。

この一切経を幾たびも読み破られ、仏教の真髄をあきらかにされたのが

親鸞聖人です。 親鸞会で、本当の親鸞聖人の教えを聞きましょう。

親鸞会の行事案内は、ホームページをごらんください。

No Comments

釈尊と入山学道

29歳の2月8日、夜中ひそかに城を抜け出し、山奥深く入られて、

私たちの想像を絶する厳しい修行を6年間、釈尊はなされました。

そして、35歳12月8日、ついに仏の覚りを開かれたのでした。

ここで、覚り、とは何か、簡単に説明しましょう。

一口に覚りといいましても、ひくい覚りから高い覚りまで、52の位が

あるので、これをさとりの52位といいます。 ちょうど相撲取りでも、

下はふんどし担ぎから、上は大関、横綱までいろいろありますように

さとりといってもピンからキリまで52あるのです。

この続きは次回お話しましょう。

釈迦の教えをそのまま伝えられた方が親鸞聖人であり、その親鸞聖人

の正しい教えを伝える集まりが親鸞会です。今日の浄土真宗はもはや

形ばかりで、葬式仏教法事仏教となり、親鸞聖人の教えはどこにも

ありません。 親鸞会で、親鸞聖人の本当の教えを聞きましょう。

No Comments

釈尊と浄飯王

シッダルタ太子の悩みは、深まるばかりでした。

ある日、父、浄飯王に手をついて、

「どうか、城を出て、真の幸福を求めさせてください」

と頼まれます。

驚いた浄飯王は、

「お前は何が不足で、そんなことを言うのか?

お前の望みはなんでもかなえてやろう」 と言います。

「それでは、お父さん、申しましょう。

望みの一つは、いつまでも今の若さで、年老いない体にしてください。

二つ目の願いは、何時までも達者で、病気で苦しむことのない身に

して下さい。三つ目の願いは、死なない身にしてください」

それを聞いた浄飯王は、あきれかえって、立ち去ったといわれます。

シッダルタ太子は、老いと病と死を乗り越えた、変らぬ幸福を求めて

悩んでおられたのでした。

お釈迦様の教え、仏教は、親鸞会でとかれています。

真実の仏教を、親鸞会で聞きましょう。

No Comments

釈尊の警鐘乱打

世人薄俗にして、共に不急のことを争う (大無量寿経)

世の中の人は、目先のことばかりに心をうばわれて、無明の闇を破る

人生の大事を知らない、 釈尊の警鐘乱打である。

私たち全人類は、どれだけ急がねばならぬ大事があると教えて

頂いても、不急のことをあらそい、目先のことしか考えられない。

言い換えると、「どう生きるか」 しか、考えられない。

どうすれば、長生きできるか。

どうすれば、幸せに生きることができるか。

どうすれば、お金や財産を得ることができるか。

どんな人と結婚すれば、幸せに生きられるか。

そういうことしか、すべての人は、毎日考えていることはない。

書店や図書館にいっても、「どう生きる」 という本ばかり存在する。

科学も、どう生きるか、のためにある。

政治も

原子力も、

芸術も

医学も

法律も

倫理も

道徳も

人間のつとめていることは、「どういきる」 ばかり。

本屋や図書館の本も、全部、どういきる。

それ以外にはない。

しかし、大事なことが、忘れられていないだろうか。

親鸞会では、「なぜ生きる」 を説かれた釈尊、親鸞聖人の

教えが説かれています。 親鸞会の行事案内はホームページ

をご覧ください。

No Comments

シッダルタ太子(釈尊)の悩み

心配された両親は、なんとか明るい太子にしてやりたいと、

19歳で、インド一の美女であったヤショダラ姫と結婚させられました。

それでも、太子の暗い表情は晴れませんでした。

心配した両親は、いろいろと理由を聞かれますが、太子は一向に

答えようとされませんでした。 そこで、春夏秋冬の4つの御殿を

つくらせ、500人の美女をはべらせて、太子の悩みをなくそうと

されましたが、それでも、太子は変わりませんでした。

それは、健康、金、財産、家族などに、どれだけ恵まれていても、

やがて必ずすべてに裏切られるときがくることを知っておられた

からです。 どこかに本当の幸福になれる道はないのだろうか、

太子の、真実の幸福を求める気持ちは、日に日に強くなってゆく

のでした。

浄土真宗親鸞会で、本当の仏教を聞かせて頂きましょう。

親鸞会の日程は、ホームページを参照してください。

No Comments

釈尊の説かれた仏教

釈尊は、今から約2600年前、インドのカピラ城に住んでいた浄飯王の太子

として生まれられました。 幼い頃は悉達多太子と言われ、学問も武芸も、

国一番の師匠に学ばれましたが、文武共に抜群で、並ぶものは誰もいませ

んでした。このように、何不自由の無い太子でしたが、成長するにつれ、

なにか深刻に物思いにふけられるようになりました。

次回に続けたいと思います。

親鸞会では、釈尊の教えをそのまま教えられた親鸞聖人のみ教えが

説かれています。 親鸞会のご法話案内は、ホームページをご覧ください。

No Comments

釈尊の教えと、雑行(2)

「雑行」とは、なにか。

これがわからないと、仏教も、親鸞聖人の教えも、蓮如上人の教えも、

まったくわかりません。 教行信証や御文章にも、たくさん出てきます。

そして、弥陀の救いにあうには、絶対に捨てねばならないのが雑行、

と教えられています。

領解文にも、「もろもろの雑行雑修自力の心をふりすてて」とあります。

では、雑行とはなにか?

雑行の体は諸善万行ですから、「雑行を捨てよ」 とは、「諸善を捨てよ」

とたいへんな間違いをおかす人が多いのです。この聞き誤りが、

浄土真宗衰退の一因であります。 「善をやらなくてもいいんだ、いや、

捨てねばならないんだ」 と勘違いし、善に向かわず、悪に走れば、

悪い結果ばかりがやってくるのは当然です。

「雑行」とは、なにか。今日では、親鸞会でしか、あきらかにされて

いません。 親鸞会で、正しい雑行の意味を知ってください。

No Comments

釈尊の教えと雑行

釈尊一代の教えは、弥陀の本願一つ説かれたもの。

その弥陀の本願とは、今日の言葉で言えば、こうなります。

「すべての人を、必ず助ける、絶対の幸福に」

その弥陀の救いにあうには、「雑行」が廃らなければならない。

親鸞聖人は、ご自身が弥陀に救われたことを、

「愚禿釈の鸞、建仁辛酉の暦、雑行を棄てて本願に帰す」

(教行信証)

と、書かれています。

「愚禿釈の鸞」とは、親鸞聖人ご自身のことを仰っています。

「建仁辛酉の暦」とは、聖人29歳のとき。

「本願に帰す」とは、弥陀に救われたこと。

「雑行を棄てて」 これが、キーワードとなります。

蓮如上人の御文章にも、繰り返し、「雑行をふりすてて」

「雑行をすてて」 と、書かれています。

ゆえに、「雑行」がわからねば、親鸞聖人の教え、蓮如上人の

教えは、まったくわかりません。

親鸞会では、その雑行とは何かが、明らかにされています。

親鸞会で、真実の教えを聞きましょう。

No Comments

釈尊一代の教えとは

親鸞聖人の教えをねじまげる邪義の一つに、

「親鸞聖人の教えに、善の勧めはない」 というものがある。

正信偈に、「如来所以興出世 唯説弥陀本願海」

とあるように、釈尊は、一生涯、弥陀の本願(18願)一つとかれた、

その弥陀の18願に、善は勧められていない、だから、親鸞聖人

の教えに、善の勧めはない、と主張する。 さらには、親鸞聖人

も蓮如上人も、雑行を捨てよ、と仰る、雑行とは善のことだろう、

だから、善を捨てねばならないのだ、と。ついでに、我々に善など

できようか、悪しか造れないのが我々だ、だから善は必要ない。

などという、邪義である。

「善を勧める親鸞会は間違い」

「善を勧めるのは、遠回りの道」

「世間的な善は勧められているが、獲信のための善は勧められていない」

など、大謗法を続けている。

なぜ、大謗法であり、邪義であり、仏教でもないし、親鸞聖人の教えでも

ないのか。 それは、修善の勧めは、弥陀のお勧めであるからだ。

弥陀は19願で、修諸功徳と、修善を勧めておられる。

19願から、20願を通り、18願に転入する、この三願転入が弥陀の御心

であり、釈迦の教えであり、親鸞聖人の教えなのだ。親鸞会で説かれる

教えも、三願転入以外には、全くない。親鸞会では、本当の親鸞聖人

の教えしか、とかれていない。

No Comments

釈尊と弥陀の本願

釈尊の先生である阿弥陀仏は、十方衆生(すべての人)は、

五逆罪、謗法罪を造っている極悪人、とみぬいて、そういう者

を必ず助ける、という本願を建てられています。

蓮如上人の御文章には、次のように書かれています。

それ、十悪・五逆の罪人も、五障三従の女人も、むなしくみな

十方三世の諸仏の悲願にもれて、すてはてられたるわれらご と

きの凡夫なり。しかればここに弥陀如来と申すは、三世十方の

諸仏の本師本仏なれば、久遠実成の古仏として、いまのごとき

の諸仏にすてられたる末代不善の凡夫、五障・三従の女人をば、

にかぎ りてわれひとりたすけんといふ超世の大願をおこして

我々の罪悪があまりに重く、十方諸仏は、とても助けることが

できない、と匙をなげられました。十方諸仏の本師本仏である

阿弥陀仏だけが、「われ一人たすけん」と、立ち上がり、本願

を立ててくださったのです。

ゆえに、弥陀の本願によらねば、私たちは絶対に救われません。

その弥陀の本願を、親鸞会で聞かせて頂きましょう。

親鸞会では、毎月、富山県にある二千畳の聞法会場で、正信偈

のお話がされています。

No Comments